書類作成の強い味方となるプリンター

製本機の使用

値段はどれくらいなのか

製本機は製本タイプの種類などによって値段が変わってきます。 製本タイプには一般的なサーマバインドやテープバインドといった種類があり、この他にはプラスチックリングバインドやツインループバインドといった種類などがあります。 製本タイプでは特殊なものや大型のものほど値段が高くなる傾向があります。 例えば最も安価なテープバインドの製本機では小型のもので5千円から7千円程度が相場となります。 そしてテープバインドの大型のものになると3万円から7万円程度の値段になります。 特殊な製本タイプである大型のツインループタイプになると高品質なもので30万円程の値段がすることがあります。 このように製本機の値段は製本タイプや大きさなどによって値段が変わってきます。

製本機には製本タイプの種類によって特徴が異なってきます。 例えば一般的なテープバインドの種類では報告書やプレゼンテーション資料、契約書など幅広いシーンで活躍することができ、見た目も綺麗な仕上がりになります。 次にサーマバインドタイプでは小型の商品が存在し、携帯することが可能となっています。 この種類の製本機は比較的値段が安いのですが、とじしろが固定されるので見開きが制限されて文字などが見づらい場合があります。 そしてプラスチックリングバインドではとじしろがプラスチックのリングで固定されるので180度の見開きが可能となっています。 その為とじしろ近くの文字なども見やすいことが特徴となっています。 このように製本機は製本タイプによって特徴が異なっており、色々な特徴の製本機が存在します。

Copyright© 2015 増えてきた地球に優しいリサイクル資源を使おう All Rights Reserved.